2020年07月20日

将棋の今(2)

「棋聖戦」「王位戦」「名人戦」と共に「叡王戦」も行われている。
この叡王戦は永瀬拓矢叡王と豊島将之竜王名人が激戦を繰り広げている。
第1局はほぼ平均的な手数で豊島竜王名人が勝った。
第2局以降は、通常考えられない展開であった。
千日手あり、持将棋(引き分け)ありで、その手数が凄いΣ(・□・;)
第2局、第3局は持将棋。第2局は222手。第3局は207手。
第4局は勝負がついたものの、232手で永瀬叡王が勝ち、1勝1敗。
第3局第4局ともテレビで対局を見ていたが、第4局は午前様になりそうなので途中で寝てしまった(^^;
それにしてもこの両者、力が拮抗しているのかどうか、よくわからない。



posted by サクボン at 14:21| Comment(0) | 日記

将棋界の今

つい先日、藤井棋聖が誕生した。拍手喝采(^^)/
何局もテレビの棋譜を見ているが、本当に強いと思う。
諸先輩棋士の談話が色々出ているが、誉め言葉が躍っている。
8月初めに始まる「王位戦」も大いに期待したい。
HPにプロ棋戦を掲載しているので、対戦を頻繁に見る。
しかし、一人に棋士に注目してみるのは、羽生善治7冠以来かもしれない(^^;
posted by サクボン at 11:52| Comment(0) | 日記